木材を使った建築

木材を使った建築

木材建築の多様なメリット

建築材として木材には様々なメリットがあります。素材そのものが美しく、手に入りやすい建築材です。低熱抵抗と低コストでの断熱化が可能のため、エネルギー効率が良いです。軽く耐久性が強く、耐重性に優れているため、扱いやすく運搬が容易です。過度に大きな土台を作る必要性が軽減されます。柔軟性に優れ、容易に短時間で加工できるため、建築現場などで単純なツールを使って修正などを加えることができます。また工場であらかじめ加工することにも適しています。無垢材製品として手に入れることができ、また様々な性能要件に合わせることもできます。さらには厳密な要求特性を満たすようなパネル・柱・梁などに加工することもできます。それ以上に、木材は再利用可能な有機建築材であるため、二酸化炭素排出の削減に大きく貢献できます。

木材は軽量性・柔軟性ゆえに、地震活動が活発な地域の建築材に非常に適しています。工場であらかじめ木材を加工することで更に建築にかかる時間を短縮することができ、そのため木材はコスト効率が良いのです。木材はまた、コンクリート・スチール製構造物と同様の耐火・耐久性基準や法律を満たすように製造されています。


フィエラ、カールスルーエ