木材を使った建築

木材を使った建築のメリット

CO2排出削減と環境改善に貢献する

  • 木材用に育てられた木が吸収したCO2は木材に加工されたあとも貯留されます。
  • 他の建築材の代わりに木材を使用することでCO2排出量を大幅に削減することが
    できます。
  • 木造構造物はエネルギー効率が良いため、CO2排出量削減に貢献します。
  • 木造構造物は環境への影響が少ないことがライフサイクルアセスメント(LCA)
    により示されています。
  • 木造構造物はコスト効率に優れていることがホールライフコスティング(WLC)
    により示されています。

エネルギー効率

  • 日本はより多くのエネルギー資源を必要としています。
  • しかしエネルギー産出に使われる手法の多くは環境に影響を与えます。
  • エネルギー効率の優れた建築はその問題の解決策の一つとして効果的です。
  • 木造構造物は他の構造物よりもエネルギー効率の点で優れています。
  • 木造建造物は断熱性に優れています。
  • 木造建造物はエネルギー消費を抑制することができるということが各種研究・
    調査により明らかになっています。

コスト効率

  • 木造構造物は世界的に人気があります。
  • 多くの研究でその建設・管理におけるコスト効率性が証明されています。

安全性と耐久性

  • 木造構造物は甚大な地震においても優れた耐久性を発揮します。
  • 木材は製造・加工段階で耐火基準・法律を満たすように作られ、耐火性が保証されています。
  • 様々な気候と、それらの気候に属するバクテリア・細菌等に対応するように製造されています。
  • 様々な調査で木造構造物の耐久性が証明されています。
  • 木造構造物は様々な建築基準・法律を満たしているため耐久性も保証されています。
  • 木材を使用するデザイン・建築手法は全て詳細な研究に基づいたものです。