建築システム

建築システム

東西の建設のベストプラクティスを駆使し日本に新たな建設ソリューションを提供

日本における木材を使った建設には長い伝統があり、日本人は木材の利点や使用方法について豊富な知識を持っています。しかし、ここ数十年で木材を使った建設は減り、大型構造物の建設には他の建築材を使った建築方法の採用が増えています。

ヨーロッパでは何十年も前からエネルギー不足によってエネルギー効率の良い軽量の建築材を使った建築技術の発展が求められるようになりました。今日の日本はこのヨーロッパの経験から利益を得ることができます。建築材と建設にかかる時間と費用を最も効率的に節約するには、コンクリート構造物と、外壁や屋根に木材を使うべきです。日本と
ヨーロッパの建築における伝統を基にしたベストプラクティスを組み合わせることで、
日本における建設をより効率的に行えるようになるのです。

木質ハイブリッド構造物

  • コンクリート構造の階と木造の階を合わせた複数階の構造物
  • コンクリート構造物の外壁・内壁に木材を使用
  • コンクリート構造物の屋根に木材を使用

集成材を使った構造物:グルーラム

無垢材パネル