構造用無垢材

構造用無垢材

製材所で丸太を切断するなどして、構造用無垢材は小角材・ボード・厚板・梁・びょうなどに加工されます。建設用に最大で長さ8,000mmの無垢材を使う場合、その強度を機械や目視によって測る必要があります。硬木と軟材には異なる強度基準が設けられています。鋸挽きされた木材は更に加工を施すことができます。例えば窯による乾燥、鉋がけ、面取り、更なる切断などです。菌類などに対する耐久性は木の種類によって異なりますが、殺生物剤などを使うことで耐久性を強化できます。