メリット

変化するニーズに対応する

住宅は居住者のそれぞれのライフステージのニーズに対応すること、そして人々の生活が多様化していることからその多様なニーズに対応することが求められています。 

木造住宅は軽量で組立式のため、ロフトの改装や増築(新しい階を加えるなど)、壁の撤去や改修などを容易にかつ効率的に行うことができます。ライニングは乾式のため、木材を使った建築は廃棄物排出量が少なく、湿度を低い状態に保てます。

ロフトの改装では木材を使うことが唯一の手段である場合が多くあります。木材は軽量である上に非常に丈夫であることから、比較的に広いロフトを作っても建物がその重みに耐えることができます。

木材を使うことで増築に必要な建設期間を短縮できます。また木材は軽量なため、非常にアクセスしにくい場所への運搬も可能です。 

きちんとした計画が立てられていれば、工場であらかじめ窓やドアをはじめ様々な住宅設備を組み入れるための加工まで木材に施すことができます。

賢明な投資

木造住宅は建設・増築コストが低く、長期間に渡りランニング・メンテナンスコストを低い状態で維持できます。今日の木造住宅の平均的な耐用年数は80年から100年で、125年の耐用年数を保証する建設業者もいます。木造構造物は他の建築材を使った構造物のメンテナンスコストより高くなることはありません。外壁も表面処理を施した場合、あるいは施していない場合でも他の構造物と同様のメンテナンス方法で十分です。