木材とインテリア

木造住宅は優れた断熱性能を持っています。木の細胞構造が断熱効果を実現し、その効果は他のどの建築材よりも優れており、冬場は寒さを遮断し、夏場には熱を遮断します。

標準的な建設方法を使い、木造住宅は容易に耐熱基準を満たすことができます。さらに耐熱性能を強化することでエネルギー消費を極力抑えることを低コストで実現可能です。場合によってはエネルギー消費をゼロに抑えることもできます。比較的小さい暖房設備で
十分なため、住宅のランニングコストを大幅に削減できます。

パネリング

木材パネルは様々で、現代的・伝統技法を用いてつくられたもの、塗装やステイニングが施されたもの、素材の木目・模様を活かしたものなどがあり、室内空間に個性を持たせます。住宅の破損部分を覆う、断熱性を高める、湿度を調整するなどの目的で行われます。パネリングにより住宅の内壁表面は、丈夫でメンテナンスが不要になります。

天井

木材パネルはよく天井にも使われます。破損部分を覆う、メンテナンスを最小限に止める、照明や換気システムの設置を容易にする、などのために活用されます。 

木材を使った床は美しく、実用性が高く、健康を害する危険性が少なく、丈夫なため非常に優れています。磨耗・疲弊しにくく、それでいて手触りも良く住み良い環境を実現することに貢献します。静電気の発生を防ぎ、イエダニが逃げ込む隙間が無く、湿度調整も
効果的に行います。

家具

木製家具は外見が美しいだけでなく、丈夫で実用性が高いです。モダン調のものから伝統的技法を使った素朴な味わいのあるもの、珍しい種類の硬木を使ったハンドメイドのもの、プランテーションで育てられた軟材を使った大量生産されたものなど多様な種類があります。特に軟材を使って大量生産された家具は家具メーカー業界に非常に大きな利益をもたらすようになっています。

庭園における木材

木材製品は庭園など、屋外に置かれた際に周りの風景に馴染みます。またこれらの製品は安価で運搬や扱いが容易です。庭園における木材製品の用途は無限と言えます。例えばフェンスやデッキ、パーゴラ、パゴダ、プランターや温室などに使われます。

木材と化学製品

木材の加工・仕上げには多くの場合、接着剤や塗装・コーティング、木を菌類や湿気から
守るためなどに化学製品が使われます。

された環境下で、ヨーロッパやその他の国の基準を満たすように行われます。建設、農業、修景整備、造園・庭園、海洋、鉄道やその他多くの用途のために圧力注入処理された木材が使われます。圧力注入処理された木材は耐用年数が長く、再利用の出来ない他の
材料とは異なり環境への影響も小さくすみます。