ヨーロッパナラ

ヨーロッパナラ

学名:Quercus petrea, Quercus robur
他の名称:ヨーロピアンホワイトオーク

総記n

ヨーロッパナラはヨーロッパの温暖な気候の地域で最も多い広葉樹の一つです。木は高さ20-30m、直径40-80cmになります。

木の特徴

辺材は1-4cmと薄く、白いです。心材は辺材とは見た目が明らかに異なり、薄茶色から濃い茶色のものが多いです。木目は多くが柾目で、きめ (texture)は平均的なものから粗いものが多いです。
年輪や木目がはっきりしている環孔材です。
ヨーロッパナラは硬く重い木材で、強度は
中程度です。
加工が比較的行いやすく、釘打ちやネジ打ちも行いやすいですが、あらかじめ穴を開ける必要があります。密度が高く、酸性度が若干高く、タンニンが豊富なため接着剤を使った接合をする際は注意する必要があります。

主要用途

ヨーロッパナラは最も重要な硬木の一つで、主に家具やフローリングに使われます。
また階段や窓、ドアのほか外壁パネリングにも使われます。

物理的特性
密度(含水率12%の場合): 702 kg⁄m3
繊維方向全収縮率: 0.4 %
半径方向全収縮率: 4.3 %
接線方向全収縮率: 8.9 %
平衡含水率
(20°C/相対湿度37%の場合):
8.9 %
平衡含水率
(20°C/相対湿度83%の場合):
17.2 %
機械的性質
曲げ弾性率: 13000 N⁄mm2
曲げ破壊係数: 88 N⁄mm2
引張強度: 90 N⁄mm2
圧縮強度: 61 N⁄mm2
繊維垂直方向のブリネル硬さ: 34 N⁄mm2
ジャンカ硬さ: 4.5 kN
釘引抜力: 17 N⁄mm2
耐久性と防腐剤等処理の行い易さ(ヨーロッパ耐腐性能規格EN 350-2に基づく)
菌類: Class 2(高い耐腐性能)
乾材害虫: 侵食されにくい
シロアリ: Class M(中程度に侵食されにくい)
防腐剤等処理の行い易さ: 4(透水性が極めて低い)

耐久性は成木の心材に基づいています。辺材は菌類・
害虫への耐久性が無いものと考えます。