ヨーロッパモミ
(オウシュウモミ)

ヨーロッパモミ(オウシュウモミ)

学名:Abies alba
他の名称:シルバーファー、サピン

総記

ヨーロッパモミは、より高さのある他の木の陰で育つことが多いです。ヨーロッパ全体に生息し、幹はまっすぐに伸び、高さ40mくらいになります。

木の特徴

色は白でグレーバイオレットが少し入る場合があります。心材と辺材の見た目に違いはありません。きめ(texture)は木の成長する早さによって細かいものから平均的なものが多いです。樹脂は入っていません。オウシュウトウヒ同様に木材は柔らかく、軽量で、中程度の密度を持ち、強度も良いです。 鋸挽き・加工・組み立てが行やすいです。釘打ちの際に多少裂けやすいです。

主要用途

屋内外の構造用に使う際、ヨーロッパモミはオウシュウトウヒと合わせて使われることが多いです。大工用品全般、インテリア建築、窓やドアなどに使われます。

物理的特性
密度(含水率12%の場合): 441 kg⁄m3
繊維方向全収縮率: 0.1 – 02 %
半径方向全収縮率: 3.8 %
接線方向全収縮率: 7.6 %
平衡含水率
(20°C/相対湿度37%の場合):
7.1 %
平衡含水率
(20°C/相対湿度83%の場合):
16.9 %
機械的性質
曲げ弾性率: 11000 N⁄mm2
曲げ破壊係数: 73 N⁄mm2
引張強度: 84 N⁄mm2
圧縮強度: 45 N⁄mm2
繊維垂直方向のブリネル硬さ: 14 N⁄mm2
ジャンカ硬さ: 1.8 kN
釘引抜力: 5.0 N⁄mm2
耐久性と防腐剤等処理の行い易さ(ヨーロッパ耐腐性能規格EN 350-2に基づく)
菌類: Class 4 (僅かな耐腐性能)
乾材害虫: 侵食されやすい
シロアリ: Class S (侵食されやすい)
防腐剤等処理の行い易さ: 2-3 (中程度の透水性-透水性が低い)

耐久性は成木の心材に基づいています。辺材は菌類・
害虫への耐久性が無いものと考えます。