都市部における木造構造物 – ヨーロッパで最大の木造ビルの建設

マレイ・グローヴ (Murray Grove)、ロンドン

数年前までショーディッチ地区は余り有名な場所ではありませんでしたが、最近はその様子を見に来る一般の人、そして都市計画家も増えています。なぜなら、レンガ構造物に囲まれた地区にヨーロッパで最も高い木造ビルが建設されたからです。Waugh Thistletonの建築家はこの350m3のビルを建設する際、何か新しい試みをしたいと考え、環境への影響に特に着目しました。木材はCO2を貯留するため建築材の選択肢として最適でした。建築家たちは工場であらかじめ加工されたクロスラミナパネル(XLAM)を使って建設することにしました。都市計画家、技術者、そしてパネルを製造した企業が協力することで、大きさに伴う重さに耐えうる構造のビルの建築に成功しました。