森林業界の経済貢献

森林業界の経済貢献

世界経済の発展を支える森林業界

森林業界はEU加盟国の多くで主要雇用主であり、オーストリア、フィンランド、ポルトガル、そしてスウェーデンの雇用主トップ3にランクインしています。

ヨーロッパにおける福利提供者としての森林業界 

森林業界はEU内で270万人以上の人を雇用しています。他の従来からの主要産業と同様に、森林業界は、EUが世界で最も経済競争力のある地域になるという目標を達成するための、
大きな役割を担っています。

非都市圏の発展に貢献する森林業界t

森林業界の企業は都市部から離れた産業化や経済発展が十分でない地域に位置していることが多く、非都市圏の発展に大きく貢献しています。

多様な産業

森林業界には様々な業種の企業が含まれています。製材をはじめ、森林整備・計画を行ない、木製パネル・突板・板や建設材・
建具、パレット・包装容器、家具の生産を行なっています。

中小企業の多い森林業界

森林業界に属する企業の多くは中小企業であり、大企業の割合は少ないです。多くが軟材や木製パネル、寄木張り床の生産をヨーロッパ、あるいは世界規模で行っています。EUの木材企業は131,000社、家具メーカーは136,000社です。EU内の森林業界が雇用する人の数は約290万人です。ヨーロッパの
森林業界の売上高の合計は1650億ユーロです。