森林再生

森林再生

ヨーロッパの森林業界は自らの将来を維持するにはヨーロッパの森林の保護と拡大が不可欠であることを認識しています。そのためには、伐採される木よりも植えられる木が多いような状況を作り、厳しくかつ効果的な法律の運用・実施が重要だと考えています。

ヨーロッパ各国政府では森林再生を義務付ける政策・制度が整備されています。1haあたりに植えられる木の数は木や土地の種類によって異なるものの、必ず伐採される木の数を上回ることが義務付けられています。伐採以外の形で自然に失われる木の数を補い、また森林のストックを十分に確保するためです。

様々な再生方法

ヨーロッパ各国は様々な歴史・人口・経済・気候・生態系を持つため、それぞれの森林の管理と再生において多様な方法が用いられています。例えば、針葉樹純林における計画伐採、混合林や広葉樹林における群状択伐、あるいは単木択伐などが挙げられます。

保護林

ヨーロッパの森林地帯の約12%は生物多様性、風景の多様性を維持するために保護されています。その内160万ha以上が保安林に指定されています。北および東ヨーロッパには人がほとんど介入しない大規模な保護林が広がっており、生物多様性を維持するための徹底した管理がされています。ヨーロッパの森林の85-90%は複数の役割を果たし、その森林内の土壌、水資源をはじめとした生態系の様々な機能を守っています。

 

 

森林の広葉樹・針葉樹の割合
ヨーロッパの森林の66%は
自然再生します。
30%は植え付け・播種であり、
萌芽更新はわずか1%ほどです。